【Canon・キヤノン】一眼レフカメラの耐久ショット回数一覧

ヤフオクでキヤノンの一眼レフカメラ「6D」を見たらショット数5万回って書いてあるけど、これってまだ使えるのかな?

 

というか、そもそも6Dの耐久ショット回数ってどれくらいなんだろう?

 

って思ったことありませんか?

今回はキヤノンの一眼レフカメラの耐久ショット(シャッター)回数について紹介します。

スポンサーリンク

キヤノン一眼レフカメラの耐久ショット回数

は機種によって異なります。

 

X5などの安価な商品なら耐久ショット数5万回ですが、1DXなどの高額品だと40万回になります。

 

それと、キヤノンは耐久ショット回数をオープンにしていないという機種が多いですが、一般的には以下の内容だと言われています。

 

あくまでも参考までに見てください。

スポンサーリンク

 

キヤノン一眼レフカメラの耐久ショット回数:5万回

  • X5
  • X6i
  • X50

 

キヤノン一眼レフカメラの耐久ショット回数:10万回

  • 5D
  • 6D
  • 60D

 

キヤノン一眼レフカメラの耐久ショット回数:15万回

  • 5D Mark II
  • 5D Mark III
  • 7D

 

キヤノン一眼レフカメラの耐久ショット回数:30万回

  • 1Ds Mark III
  • 1D Mark IV

 

キヤノン一眼レフカメラの耐久ショット回数:40万回

  • 1DX

 

耐久ショット数を超えていたら

あれ?ショット数調べたら耐久ショット数超えてた・・・。

 

まあ今使えるからいいか。

って思うかもしれませんが、そのまま使ってここぞという時に撮影できなかったらショックですよね。

 

新しいカメラに買い換えるタイミングです。

 

でも、キタムラなどに行って買取や下取には出さないでください。

寿命が超えているのでめちゃめちゃ安く買い取られます。

まあ当たり前といえばそうなんですが。

 

でも、この中古カメラ買取ショップなら寿命を超えていても高い価格で引き取ってもらえます。

賢く古いカメラを売って、新しいカメラを手に入れる資金にしましょう。

⇨ 安心して高い価格で売れるオススメの買取業者!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*