もう査定価格でガッカリしない!カメラ買取業者に高く売る2つの戦略とは?

カメラ買取業者に売ろうと思って査定してもらったけど予想より安かった。

そんな経験はありませんか?

何も考えず商品をそのまま査定に出すと想定よりも低くなることがあります。

でも、ある2つの戦略を使えば査定価格をグッと引き上げられるんです。

スポンサーリンク

今回は不用になったカメラを買取業者に高く売るための戦略を紹介します。

この記事を読むことで、あなたの大事なカメラの価値は高まり高い価格で売れるようになります。

実際に私もこの戦略でカメラの価値(価格)を上昇させて高い金額で買取ってもらっています^^

 

Contents

カメラ買取の流れ

買取業者にカメラを高く買取ってもらうために、まずはカメラ買取の流れを把握しましょう。

私のオススメはネット完結型のカメラ買取業者なのでこちらを例にして紹介しますね。

関連サイト → オススメの理由はこちらをチェック!

 

カメラ買取の流れ

  1. 事前査定の申込み
  2. 事前査定価格の連絡
  3. 宅配キット到着
  4. 商品発送
  5. 本査定
  6. 買取価格の連絡
  7. 現金振り込み

 

事前査定とは

この流れを見た時に、事前査定って何だろう?って思いますよね。

まず、前提知識として「査定」って言うのは商品の状態を調べて価値(価格)を決めるという意味です。

そして、カメラ買取で言う「事前査定」とはメールや電話などで商品の状態を買取業者に伝えて、ある程度の買取価格を事前に教えてくれるサービスです。

発送前にだいたいの買取価格が分かるので、このまま手続きを進めるかどうか判断できるんです。

もし、その査定結果が気に入らなければ、そのままキャンセルすればいいです。

 

本査定とは

買取業者で事前情報と現品の状態に相違が無いか調べた上で最終的な価格を決めることを意味します。

もし事前情報と異なっていた場合は価格が変わっちゃうんです。

例えば、事前情報として付属品は全てあります。と伝えていたのに、実際は付属品が不足していたら査定価格が下がってしまうという感じです。

もちろん、査定価格が気に入らなければキャンセルできます。(返送料無料でキャンセルできる買取業者もあります)

 

カメラ買取で高額査定にならない現実

事前審査では高い価格だったのに、本番の審査で思いっきり価格下がってるじゃん。

こんなガッカリした経験はありませんか?

何も考えずに商品をそのままカメラ買取業者に査定に出してしまうと予想外に減額されてしまうことがあります。

 

カメラ買取業者に高い価格で売る2つの戦略!

について紹介しますね。カメラを高く売るには

  1. カメラの価値を下げない
  2. 買取業者に競争してもらう

この2つになります。

何れもカメラ買取業者の立場になって考えると高値で売れる秘訣が見えてきます。

 

カメラ買取業者に高い価格で売る戦略その1.カメラの価値を下げない

カメラ買取で言う「カメラを高く売る」という意味は、中古品の相場価格より高く売りたい。

ということですよね。

中古品は一つとして同じコンディションが無いと言われます。

傷があったり、付属品が無かったり、そろっていたりと、その組み合わせは千差万別です。

例えば、傷の無いカメラは価値が下がらないので買取業者が高く買って、それを高い価格で新しいお客さんに売ることができますよね。

反対に傷だらけのカメラは価値が下がるので、買取業者は安く買わないと利益の出る価格で新しいお客さんに売れなくなります。

つまり、カメラの価値を下げなければ相場価格より高く売れるということなんです。

カメラの価値を下げない具体的な方法としては以下になりますね。

 

日頃からお手入れをすること

1.コマメな清掃を心がける

カメラを使ったらブロアーでホコリを飛ばしましょう。

特にズームレンズはスキマからゴミが入るとレンズ内部まで侵入してしまうことがあります。

そのゴミに湿気が組み合わさりカビやクモリの原因になったりするんです。

 

2.アクセサリーで保護をする

一眼レフカメラのモニターにはモニターカバーを装着し、レンズにはレンズキャップやレンズフィルターを付けましょう。

そうすることで、キズやホコリ対策になります。

 

3.湿度の低い環境で保管する

極力湿度が低く風通しの良い場所に保管しましょう。

この湿度が原因でレンズのカビやカメラ本体の寿命に影響することがあります。

それと直射日光の当たらない日陰で保管するのも重要ですね。

直射日光が当たるとカメラのグリップやレンズのズームリングなどゴムの部分が劣化してヒビ割れに繋がります。

 

4.使わない付属品でも捨てずに保管する

USBケーブルは使わないから捨てるか、箱を取っていても邪魔だしな。

と思う気持ちは分かりますが、買取において付属品がキレイな状態で全て揃っていれば査定額が飛び跳ねます。

使わない付属品、箱、取説、保証書なども押入れにしまっておきましょう。

 

査定前の一手間で価値を引き上げる

1.電池を充電する

カメラ本体を売る場合は、電池を充電してから査定に出しましょう。

電池が切れたカメラが届いた場合、それだけで買取業者からすると印象ダウンに繋がります。

それもそのはずで、査定を行う前に買取業者が充電をするという手間が増えるからですね。

それに、単純に査定時間も長くなるので誰も得をしません。

 

2.ショット数を確認する

一眼レフカメラを売る場合は、必ずショット数を確認しましょう。

一眼レフカメラの価値は使用年数ではなくショット数で決まります。

というのもカメラの寿命=ショット数で定義付けられていることが多いからです。

ショット数.COMというサイトを利用すれば簡単にショット数が分かりますので無料で試してみてください。

>>>ショット数.COMをチェックする!

 

3.丁寧に清掃する

査定前は念入りに清掃しましょう。

ブロアーでホコリを落としたり、ファイバークロスでボディを磨いてキレイにすれば、商品の印象が良くなります。

そうすれば、カメラの価値も高まり高い価格で売れる確率が上がってきます。

 

4.ベトつきを無くす

一眼レフカメラのグリップ箇所やレンズのズームリング箇所はゴムでできていますよね。

スポンサーリンク

使用しているうちにこのゴムが劣化してベトつくことがあります。

そのまま査定に出せば価値が下がってしまいますので、このベトつきを無くす必要があります。

ベトつきを無くすのは意外と簡単で

  • 無香料の制汗スプレーを該当箇所に吹き付ける
  • ウェットティッシュなどで拭き取る

これだけでベトつきが取れますので試してみてください。

 

カメラ買取業者に高い価格で売る戦略その2.競争を起こす

カメラを高く売るには商品の価値を下げないというディフェンス面だけでなく、こちらから仕掛けるというオフェンス面の戦略も必要です。

その戦略としては

  • 複数の買取業者に査定依頼をする
  • 他買取業者の価格を伝えて価格競争を起こす

ということです。

 

複数の買取業者に査定依頼をする

インターネットや電話で行う事前査定は無料ですし、商品を送る必要は無いです。

であれば、買取業者1社に絞らず、少なくても3社に事前査定をしてもらいましょう。

 

他買取業者の価格を伝えて価格競争を起こす

事前査定の結果が出たら、それぞれの買取業者にA社は○万円だったのですが・・・。

という風に他の買取業者にも声をかけていることをアピールします。

買取業者としては他の業者に渡ってしまうぐらいなら、多少高くてもウチが買取ってやる!

という感じで闘争本能に火が付きます。

各社で競争を起こせれば、価格も引き上がること間違い無しです。

 

競争以前に大きな差が出ることも

買取業者の経験や知識によって買取価格が大きく変わることがあります。

つまり、それぞれの査定スタッフの主観によって全然違う価格になるんですね。

以下の事例のようにもはや競争以前のケースも出てきます。

どちらにしても複数の業者に査定してもらうのがコツです。

 

tokumei551さん 2015/7/26 22:52:34

キャノン一眼レフカメラのレンズをMカメラで買い取り査定してもらったら、レンズ内にカビがある為と2,000円でした。

宅配だったので、返品してもらいカメラのKに直接持ち込んだら、ホコリがあるのでと、18,000円でした。

差額16,000円てスゴくないですか?

もちろん、高く売れて嬉しいですが、どちらが正しい見積りなんでしょうか?。

もしかして、カビとチリの違いをどちらかが間違ってるのでしょうか。

どちらも有名買い取り店です。

ヤフー知恵袋より

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11148322311?__ysp=44Kr44Oh44OpIOiyt%2BWPliDlroXphY0%3D

 

高い価格で売れるおすすめのカメラ買取業者!

を紹介します!早速これら買取業者に査定依頼をして競争を起こさせましょう^^

おすすめのカメラ買取業者その1.コメ兵(KOMEHYO)

 

ネット買取業者の中でも「コメ兵(KOMEHYO)」がオススメです!

実際に私も利用してみましたが他のネット買取業者よりも高く売ることができました^^

 

コメ兵(KOMEHYO)のメリット

メリットその1.信用性が高い

KOMEHYOは創業70年の買取業者である株式会社コメ兵(東証2部上場)が運営しています。

これまで蓄積された商品データはもちろん、総勢300名以上の知識豊富な専門バイヤーがいるので安心ですよね。

 

メリットその2.高額査定なので高く売れる

KOMEHYOがなぜ高額査定になるのか?その理由は3つあります。

 

高額査定の理由その1.メンテナンス力

専門スタッフは商品をキレイにするのが得意なので、多少汚い商品でも高く買い取れるんですね。

 

高額査定の理由その2.多彩な販売チャネル

国内店舗やECモールから海外企業など商品ごとで高く売れる“最適な販売ルート”を確立しているからこそ、あなたの商品を高く買い取れます。

 

高額査定の理由その3.独自オークションの開催

国内外の確かな目利きが集まる独自オークションを開催しているので、商品が売れずに在庫に残ることがほとんどありません。

つまり、キャッシュフローが良いので商品を高く買い取れるんです。

 

メリットその3.買取サービスが完全無料

何と言っても買取サービスの利用料は完全無料というところがありがたいですね。

宅配買取サービスのカメラを入れる梱包キット(段ボール・緩衝材)、配送料が無料なんです。

スーパーに行って段ボールを探さなくてもいいし、送料無料なので地方でも安心して送れますよね。

 

しかも、査定内容が気に入らなかった場合のキャンセルも手数料は発生しません。

もし、査定額が気に入らなくても費用をかけずにキャンセルできるのが嬉しいです。

ほんと太っ腹だなーって心から思います。

 

メリットその4.対応が早い

KOMEHYOはとにかく対応が早いところが印象的ですね。

最短で商品到着したその日に査定結果の連絡が届きます。

ネット業者によくありがちな何時になっても返事が来ない。ということが無いのでストレスも溜まらないです。

 

メリットその5.全国どこに住んでいる人でもOK

この県の人は対応できません。ということが一切ないのが素晴らしいところです。

日本全国どこにお住まいの方にも、KOMEHYO店舗と同じ高額査定と高い接客スキルで受付から査定完了まで丁寧に対応してくれます。

 

>>>こちらから無料査定しましょう!

早目に査定しないと損!

カメラって新しいシリーズがリリースされると現行モデルの相場が一気に下がってしまいます。

それに、需要と供給のバランスが崩れると高く売れるものも安くなってしまいます。

 

例えば、あるカメラ屋さんで「一眼レフカメラ Nikon D600」の在庫が10個あったとして、それが月5個しか売れない商品だとしたらどうでしょう。

仮に100人のお客さんから同じカメラ「Nikon D600」を買ってください。

と詰め寄られてもそのカメラは長期在庫化するのが見えています。

 

在庫化している間に新しいモデルが出てきて、在庫の価値が下がったら赤字で売ることになるかもしれません。

カメラ屋さんとしては、同じ商品を大量に高く買うことは避けたいですよね。まあ、つまり、そういうことです。

他のお客さんがあなたと同じカメラを高額で買取ってもらう前に今すぐ無料査定してもらいましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?今回は

  • カメラ買取の流れ
  • カメラ買取で高額査定にならない現実
  • カメラ買取業者に高い価格で売る2つの戦略
  • 高い価格で売れるおすすめのカメラ買取業者!
  • 早目に査定しないと損!

について紹介しました。今回お伝えした戦略を使えば高額査定に繋がりますので是非試してみてください。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*